TOP > ナカシマダのヘッダー・フォーマーについて

ナカシマダのヘッダー・フォーマーについて

ヘッダー・フォーマーとは何をする機械なのでしょうか?
ここでは機械の中で何が起こっているのか簡単にご説明します。
  ヘッダー・フォーマー

工程をお見せします

(1)材料を切ります   (2)小さくします(前方押し出し)
計算した長さに材料を切断します  
(1)材料を切ります   (2)小さくします(前方押し出し)
(3)叩いて潰します(据え込み)   (4)穴を空けます(後方押し出し)
(3)叩いて潰します(据え込み)   (4)穴を空けます(後方押し出し)
これらの成形は金型を使って行われます。金型の形を変えればいろんな形のネジ、ボルト、パーツができるわけです。ナカシマダではこれまでヘッダーやフォーマーでできなかった製品を金型の開発でヘッダー化することによりお客様へ貢献しています。
 
また、ナカシマダではヘッダー化する製品のアプリケーションを広げるために独自の機構も開発しています。
「フィンガレストランスファ」
フィンガ搬送できない極小、極短、偏心の製品に対応するため金型の中にブランクを残したまま次の工程へ搬送する機構を独自に開発しました。加工素材のブレや回転が抑制されて精度が飛躍的に高まるとともに、同じ動作でより多くの加工を可能にします。
ダイ側が横にスライドするダイシフト、パンチ側が縦にスライドするパンチシフトがございます。

スライドダイシフト

 線材を切断後、ダイスの中にブランクを残して次の工程へ搬送します。フィンガーで掴みにくく、従来は切削加工でしか作れなかった 2 mm 以下の超薄型部品や超小型部品をヘッダーで生産可能にすると同時に、高精度を実現します。

 スライドダイシフト機構はMH/MFシリーズに搭載しています。

 

 カタログはこちら

 

パンチシフト

 線材を切断後、パンチの中にブランクを残して次の工程へ搬送します。

 パンチシフト機構はNPシリーズに搭載しています。

 

 カタログはこちら

 

パルスダイヤル(特許取得済み)

 ラムの前後動作を手元のダイヤルで調整できます。
 段取りや各部調整時などラムの微妙な動きが必要な場合、機械をゆっくり安全に確実に行えますのでオペレータの負担を軽減し、作業時間を短縮します。
 パルスダイヤルはNSシリーズとNPシリーズの8mm以上の機械及びBT/BTX/MSTシリーズの機械全てに標準装備しています。

 

NSシリーズカタログ

NPシリーズカタログ

BT/BTX,MSTシリーズカタログ

 

パルスダイヤル写真