TOP > 宇宙関連事業 > 超小型衛星FREEDOM

FREEDOM:Falling and Re-Entering Equipment called DOM 

膜展開式軌道離脱装置宇宙実証用衛星 フリーダム

FREEDOMとは

 

FREEDOMは弊社と東北大学が共同で開発する「DOM」の宇宙空間での確実な駆動を実証するために開発された膜展開に特化した超小型人工衛星です。

2014年9月29日にJAXAより国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟から放出するミッションに選定されました。

2016年12月9日に打ち上げられ、国際宇宙ステーションに運ばれました。2017年1月16日に軌道投入され約22日後に地球大気圏に再突入しました。

 

 

FREEDOMのミッション

 

宇宙空間に放出されたFREEDOMは一定時間をカウントしたのち、DOM1500(膜サイズ1500mm四方)を展開します。展開後は1か月程度で地球大気圏に再突入すると予想しています。

公的機関からの軌道情報によりDOMの性能を評価します。

 

 

ミッション成功基準

 

ミニマムサクセス

・公的機関からの情報による初期軌道の特定

・1か月に渡る軌道の遷移情報の蓄積

フルサクセス

・地球大気圏再突入までの軌道の遷移情報の蓄積

・シミュレーション結果との比較検証を通した性能評価

エキストラサクセス

・1か月以内の地球大気圏再突入

・風見安定度が軌道遷移に及ぼす影響の究明

 

期待される成果

 

膜展開軌道離脱装置の実用化により

・小型衛星の軌道離脱手段を確立

・世界に先駆けた軌道離脱手段の標準化の促進に貢献

 
 

copy_FREEDOM-EM(01s).jpg

freedom-open.JPG

 

freedom_specification.JPG

 

 freedom-itf.JPG

 

FREEDOM特設ページへ >>