TOP > 事業概要 > 製品展開について

製品展開について

世界が認めた「ナカシマダ」の技術

ヘッダーとは「頭を打つ」という意味です。金属の頭部をプレスしてネジやボルトなどを製作する機械をヘッダーあるいはフォーマーといいます。携帯電話やパソコン、自動車など私たちの生活に身近な工業製品だけを見ても、実に多種多様なネジやボルトが使われています。これらの金属パーツは年々、超小型化し、その材料も鉄だけでなくチタンなどの新素材が用いられるようになっています。
ナカシマダの高精度の技術は、特に直径2.5mm以下の製品を作り出すヘッダーにおいて独壇場ともいえる世界シェアの半分、日本の8割を占めており、IT業界から自動車、航空業界など、その製品の活躍の場は他業種に渡って展開されています。

世界が認めた「ナカシマダ」の技術

オリジナルへのこだわり

ナカシマダの技術は、自動車エンジンのオーバーホールに使用される研削盤を長年にわたり製造してきた中で確立されたものです。海外の先進機械を研究することはあっても「絶対に真似しない」という技術者スピリットは、創業時から変わらぬ社風となっています。その独自のノウハウは、「MF」シリーズ、「MST」シリーズといった最も競合の多い製品クラスにおいても、他社と一線を画しています。ナカシマダの製品は、この優れたオリジナリティと高精度によって世界的な評価を得るにいたっています。
ヘッダー、フォーマーには生産性の高さ、優れた操作性、連続運転時の安定性が求められます。いわゆる工作機械が備えるべき基本的な機能を、ナカシマダは非常に高いレベルで実現し、それをベースとして世界に誇る高精度の製品を作り出しているのです。

  オリジナルへのこだわり

一貫生産について

ナカシマダでは、製品を構成する部品の7割を自社生産し、品質を維持しています。
これは他に例がありません。



主要設備機械

弊社では生産効率を上げるために新規設備の導入も行っております。

フロア型横中ぐりフライス盤   1台     

立型マシニングセンタ                             

(多面加工、同時5軸加工機)

  1台  
複合加工機   5台  
NC旋盤   4台  
NCマシニングセンター   7台  
旋盤   13台  
放電加工機   2台  
Wire Cut放電加工機   2台  
 
研削盤                                             
  14台  
万能工具研削盤   1台  
フライス盤   11台  
中グリ盤   2台  
歯切り盤   2台  
型削り盤   3台  
焼入炉   3台  
天井走行起動機   25台  
その他   20台  
   
複合加工機 Mazak INTEGREX I-300   Mazak VARIAXIS I-600
複合加工機 Mazak INTEGREX I-300  

同時5軸加工・高精度多面加工マシニングセンタ

Mazak VARIAXIS I-600

MAF150R.JPG    
フロア型横中ぐりフライス盤 三菱重工 MAF150R    
  • まずはお気軽にお問い合わせください。TEL:0943-32-4331
  • お問い合わせフォーム