ナカシマダの強み グローバル展開

POINT ナカシマダの強み

グローバル展開 Global Expansion

福岡から世界へ

国内メーカーの製造拠点が海外へとシフトしていくなかで、ナカシマダの機械も海外で活躍するケースが増えています。
こうした流れを受けて、ナカシマダでは2003年にドイツ、2005年にロサンゼルス、2011年に深圳(中国)と、海外拠点を増やしていきました。この他、タイ、韓国、オーストラリア、イタリアなど17カ国に販売代理店網を築き、ナカシマダの製品は世界中に広まっています。

国内外へ広がるサポート網

ナカシマダの人づくり

ナカシマダは、サポートこそ最大の営業活動と考えています。これまでに開発・製造したヘッダー・フォーマーの図面はすべて厳重に保管。交換部品の供給率はほぼ100%を誇ります。製品が転売されても、シリアルナンバーで部品を特定できます。 もちろん、サポート網も世界中で展開。とりわけ、旧型のナカシマダ製機械が出回っているアジア各国においては、アフターパーツの供給体制が整っていることが中古市場で高い評価となっています。 ナカシマダでは納品までの営業活動はもちろん、技術説明やメンテナンスサービスの大切さを社員全員が深く理解し、国内外で信頼のサポートを展開しています。%を誇ります。製品が転売されても、シリアルナンバーで部品を特定できます。 もちろん、サポート網も世界中で展開。とりわけ、旧型のナカシマダ製機械が出回っているアジア各国においては、アフターパーツの供給体制が整っていることが中古市場で高い評価となっています。 ナカシマダでは納品までの営業活動はもちろん、技術説明やメンテナンスサービスの大切さを社員全員が深く理解し、国内外で信頼のサポートを展開しています